メディアのコピーを

複数のメディアに分散コピーするのが安全です。

アナログからデジタルへメディアコピーをすると、テープ形式ほどには画質劣化の心配をする必要は無くなります。しかし、それも完璧に安全ではないことは知っておくべきです。DVDやCDも経年劣化の宿命から逃れられないからです。したがって、デジタルメディアにコピー後も定期的に再生し、異常や劣化がないかをチェックすることが必要になります。 おすすめは複数のメディアに分散してコピーしておくことです。そうすれば例え1つがダメになっても、他が生き残っている可能性があるからです。それをまたメディアコピーすれば永遠に動画や画像を保持することが可能です。

アナログ時代の貴重な動画や画像をデジタル化して残す。

まだデジタル機器が発達していない時代に撮影した貴重な動画や画像。例えば、子供の成長記録や結婚式の撮影映像。これらは間違いなくテープに記録されているはずです。テープ形式は現在は殆ど使われていませんが、昔は主流でした。テープ形式の場合、テープの伸びやカビなども心配です。 一刻も早く、こう言った貴重な撮影動画や画像を別のメディアへコピーする必要があります。手遅れになると修復が大変です。個人でもパソコンとソフトと接続ケーブルが有れば可能ですが、不慣れな者には困難な作業です。したがって、メディアコピーサービスを利用する人が多いのです。 メディアコピーサービスを提供している業者なら信頼性の高いメディアへ比較的安価でコピーしてくれるので大変便利です。