業者利用で簡単

メディアコピーの種類について

メディアには様々な記憶媒介があります。同じメディアであっても、内容を圧縮して行うといった方法もあります。 一般に行われているメディアコピーとしてはCDやDVDといったもので、コピー先としてCD-RやDVD-Rが使われます。いずれにしてもコピー元のメディアの容量よりも多いものでなければコピーはできません。またコピー先のメディアサイズが小さい場合には、データの圧縮などの処理を行わなければなりません。 またメディアコピーでもやや特殊なのが、VHSなどのビデオテープのコピーで、この場合にはいちどパソコンなどを使ってデジタルデータに変換する必要があります。

行うための費用について

メディアコピーは、基本的にはコピー先のメディアを利用できる周辺機器とパソコンがあれば利用することが可能です。特にCDやDVDなどはデュプリケーターと呼ばれる機械を使えばパソコンを介さなくてもコピーすることができます。個人がメディアコピーを行う場合には、これらの機械が必要で新規で揃える場合でも10万円程度で行うことができます。 一方で、業者にメディアコピーを依頼するという方法もあります。この場合には、コピーする枚数によって値段が変わってきます。特に大量配布を前提としている業者では、最低数があるためやや高額です。一方で、少数で行っているところは単価はやや高いものの10枚以下でも1枚あたり300円程度でコピーを行ってくれます。
しっかりとメディアコピーを行ないたい場合は専門業者を利用すると良いでしょう。